30代未経験で果たしてエンジニアになれるのか日記 その2

前回エンジニになる為、転職してるよーって書いたんだけども。

今回はその第2段ということで。

 

なんか最近色々とわかってきたんだけども、

エンジニアというのはどーもかなりの種類があるらしく。

細かく分けたら20種類くらいあるんじゃねぇのかなってくらいある。

僕がイメージしてたのは、Ruby,PHPとかでプログラム書く人をエンジニアだと

思ってたのよ。

パソコンカタカタする人。

いわゆる開発エンジニアってやつですね。

だって某プログラミングスクールとかは全部web開発のプログラム言語を

教えてるわけじゃん??

CMもそればっかりじゃん??

CMもそればっかりだからエンジニア=開発エンジニアしかないっていう図式が

脳内で勝手に成り立っていたわけですよ。

実際そこしか見えてこないし。

多分僕と同じ考えの人すげー多いんじゃないかな。

 

んでここ最近転職活動してるわけなんですが、開発エンジニアは30代で未経験は

かなり厳しいということが判明。

ただ未経験の求人もチラホラ見受けられる。

そして未経験の横にこういう単語が書いてある。「インフラ」と。

ん?

何インフラって?

エンジニアって開発エンジニアだけじゃないの?

もしかして種類たくさんあるの?

そうなんです。どうもあるらしいのです。

そして30代未経験はインフラからの方が転職しやすいっぽいです。

開発系だとどうしてもIT実務経験1〜3年という求人が多かった。

 

以前、「攻略」とはどこを攻めて、どこを攻めないかを明確にすることと

書きました。

なんでインフラエンジニア路線に一気に舵を切ったわけですよ。

開発系捨てて、インフラを一気に攻めようと思ったわけですね。

そしたらすぐに面接が3社決まりました。

まぁ明日受けてくるんですけども。(結果は後日お伝えします)

 

なんで僕が伝えたいのは、エンジニアは色々種類があるよということを伝えたい。

そして30代未経験は開発エンジニアよりインフラのほうが

転職できる確率が高いよとも伝えたい。

 

こんなこと言ったらね。いやもうスクールに30万払った

から絶対に開発がエンジニアがいいんだとか、もったいないとか

そーゆー声が聞こえてきそうなんだけれども。

 

いや気持ちはわかりますよ??

コストかけすぎてるから引こうにも引けない気持ちは。

ただねぇ‥

やっぱ引き際は見極めないといけないと思うんですよ。

戦争も引き際が一番難しいとよく聞きますからね。

パッと方向転換しないと。ジリ貧が一番よくないです。

 

インフラ2年くらいやって開発の方に移行する方がスムーズかと。

最初っから開発じゃないとダメってのは無いと思いますよ。

 

インフラはブラックとかいう人いますが

インフラにも色々ありますからね。

今流行のAWSの資格もあれはインフラの部類ですからね。

そしてどっちにしろ遅かれ早かれインフラはやるんですよ。

 

インフラで未経験で入って資格目ぼしいのある程度取って開発に転職ってのも

ありなんじゃないかなと思います。

てかそっちの方がスムーズなんじゃないかなー。

金かかんないし。

 

まぁ僕はスクール行ってないんでスクールのことはわかんないんですけど。

なのでスクールのことあーだこーだ言うつもりはありません。

ただやっぱどこまで行こうとビジネスなんで。

所詮金儲けなので。

一回冷静になった方がいいんじゃないかなと思います。

 

まぁちょっと話はそれましたが、

僕が伝えたいのはエンジニアには色々種類があるってこと、

そして未経験30代はインフラのほうが間口は広いよってことです。

 

それでは!

もう寝ます。

おやすみ!!