危険!?たんぱく質を摂りすぎると!?

みなさまこんにちわ。

OWLです。

前回の記事で

「たんぱく質とは何ぞや?」

とゆーことを書きました

そして同時にたんぱく質の重要さについても書かせて頂きました

 

stratekun.info

今回はですね、

そんな重要なたんぱく質だからこそ

プロテインブームが来ている今だからこそ

たんぱく質(動物性)を取り過ぎると

体にめちゃ悪いよってことを書かせて頂こうかなと思っているわけです。

では!いってみましょう!

 

①内臓(肝臓、腎臓)疲労

f:id:CALMOWL:20201015141656j:plain

いきなりですが体で一番重要な臓器はなんだと思います?

心臓でしょうか?脳でしょうか??

答えは肝臓、腎臓です。

重要なことを「肝心(かんじん)なこと」と表現したりします。

肝臓、腎臓は「かんじん」の語源となっております。

それくらい重要な臓器です。

(まぁもちろん内臓は全部大切なんですけどね 笑)

たんぱく質は他の糖質や、脂質と違い体内で分解する過程で

毒素(アンモニア)が出ます。

アンモニアは毒性が高いのですがそれを分解処理(尿素に変換)するのが

肝臓です。

分解された不要物質は腎臓を通って体外に排出されます。

まぁ要は肝臓、腎臓は不要物質を取り除いたり、毒素を分解、血液をきれいにしたり

するんですけど、たんぱく質摂りすぎると肝臓、腎臓にすごく負担かかりますよって

ことです。

更にお肉には

牛さん、豚さんの発育を良くさせるために

大量投与されているホルモン剤、抗生物質

加工、保存するときに必要な化学物質が大量に含まれているので

その分解にも肝臓、腎臓がフル稼働しなきゃいけないわけです。

そんな中で私達はお酒も飲むわけでして

お酒を大量に飲むような生活を続けようものなら

危ないことになるわけなんですよ。

 

肝臓、腎臓が悪くなるとどうなるか?

皮膚トラブル、消化不良、結石、肝臓病等々

重症化すると肝硬変とかになります。

肝臓、腎臓が完全にダメになると、毒素を分解できないので

最悪死ぬことになります。

肝臓、腎臓がだめになると血液の毒素をろ過することもできなくなります

なので機械に血液を通してろ過しないといけなくなります(人工透析)。

言いすぎだろと言われるかもしれませんが

食の欧米化+プロテインでたんぱく質取り過ぎなのは事実なので

気を付けましょうねということです。はい。

 

肝臓、腎臓は「沈黙の臓器」なんて言われたりしてます。

名前の響きはかっこいいかもです。

まぁどーゆーことかと言いますと、ちょっと調子が悪くなったくらいじゃ

症状がでないんですよ。自覚症状がでてこない。

なので気が付いたら手遅れだったってことは多々あるわけです。

なので気を付けましょうという話です。

因みにたんぱく質の推奨量は「体重1キロあたり1グラム」です。

 

②太る

f:id:CALMOWL:20201016174922j:plain

一般的にたんぱく質=筋肉が付く!

たんぱく質は太らない!

みたいなイメージ持ってる方も多いと思います。

もちろんたんぱく質を必要以上に摂取すると太ります。

過剰な分は脂肪として体内に蓄積されます。

脂質は太りますが、たんぱく質もちゃんと太ります。

プロテインのサイト見てると

プロテイン飲んでるのに筋肉が付かなかったとか

逆に太ったとか意味不明な口コミを書き込んでいる人いますけど

トレーニングせずに飲み食いすりゃそりゃ太るわなと。

トレーニングありきなのでね。

「飲むだけで痩せる!筋肉が付く!」みたいな謳い文句を信じちゃだめです。

因みに筋肉が付きにくい人はたんぱく質の量というよりかは

テストステロンというホルモンの量が低い可能性があるので

そっちを増やす食事を試してみてもいいかもしれません。

 

③腸内環境が悪くなる

f:id:CALMOWL:20201016175040j:plain

動物性たんぱく質を取り過ぎると、吸収しきれなかった部分が

腸に直接流れ込みます。

そのたんぱく質は悪玉菌のエサとなってしまうんですね。

結果善玉菌が減り、悪玉菌が多量に増えるわけです。

悪玉菌が多量発生するとどうなるか

便やガスを排出する機能が悪くなって便秘になります。

腸の中に便が溜まるということは有害物質が溜まるということです。

溜まった有害物質は毒素となり、血液に吸収されて全身にいきわたります。

いきわたった結果、さまざまな肌トラブルの原因となったりします。

「皮膚腸軸」といいまして皮膚と腸の関係はかなり密接だと言われてます。

胃腸の調子が悪い人は肌の調子も悪いとゆーことです。

逆もまた然りです。(もちろん全部が全部ってわけじゃないですけどね)

また鬱、大腸がん、アレルギーにも関係してくるので気を付けていきましょう

 

④まとめ

どうだったでしょうか!?

最近食事をロクに摂らずにプロテインばかり飲むとか

よくわかんないダイエット法とかも出回ってるんでね。

勿論ですよ、言うまでもなくたんぱく質は重要です。

ただたんぱく質はプロテインやアミノ酸という形で手軽に直接摂取できるように

なったので知らず知らず摂取過多になる可能性もあります。

特に健康志向が高い人ほど気を付けて頂きたいです。

 

今日はそんな感じです!

ではまた!