【危険】過度な糖質制限は危ない!?その原因

はい。おはよーございます。

OWLです

前回の記事でそもそも「糖質」とは

何ぞやということを言いました

 

stratekun.info

なので今日は巷で流行りの「糖質制限」について

書いていこうかなと思います

 

①糖質制限とは!?

f:id:CALMOWL:20201006161444j:plain

糖質制限は読んで字のごとく糖質を制限するってことなので

まぁダイエットみたいなものです。てかダイエットですね。

ダイエットの一種です。

ローカーボ(ロカボ)なんかも原理は一緒です(緩い糖質制限)

んで糖質制限なんですけど、

1食あたりの糖質量を20グラム以下、

1日あたりの糖質量を60グラム以下にしないといけないです。

まぁ結構キツいですね。

糖質を摂らない=ブドウ糖(体のエネルギー源)摂らないことと一緒なので

代わりに体の脂肪(ケトン体)をエネルギー源にしようとします。

これがいわゆる「脂肪を燃やす」ってことですね。

ダイエット=食事を抜く、食事量を減らす、何も食べないみたいな

(カロリー制限)イメージあると思うんですけど

糖質制限は糖質の割合を減らすだけであって

食事そのものの量は変えないのが基本です

糖質を抜く代わりに肉、魚、野菜を摂ります。

カロリー制限が「カロリーが多いものを減らす」

糖質制限が「糖質が多いものを減らす」

つまり何を減らすかということです。

単純に食事量を減らすという発想はカロリー制限です。

糖質制限も糖質を抑えた結果カロリーが減るので

そーゆー意味ではカロリー制限になります。

 

②糖質制限のメリット

f:id:CALMOWL:20201008121832j:plain

・即効性

確かに即効性はあります。

体重の増減という意味では糖質制限は体重が早く減ります。

2週間で3~4キロはいけるんじゃないでしょうか。

痩せる」じゃなく「減る」と表現したのは理由がありまして

脂肪が減っているんじゃなくて、水分が減っているだけなんですよ。

糖質(グリコーゲン)は普段筋肉や肝臓に貯められてるんですけど、

糖質を貯めるには水分が必要なんですね。

糖質制限すると水分が先になくなっちゃう。

なので体重が減ります。(体から水分が抜けただけなんですけどね。)

だから即効性はあるっちゃある。

ダイエットというよりはスポーツ選手の「減量」に近いですね。

なので水分抜けた状態でダイエット成功とはなりません。

脂肪が燃えるまで続けないと意味がないです

 

・空腹を抑えられる

糖質制限は摂取カロリーを抑えるのではなくて、糖質を抑える方法なので

食事の量自体は基本変えなくても大丈夫です。

米、パン(糖質)の代わりに肉、魚(たんぱく質)をメインに摂ればいいって感じです。

それに米やパンに比べて、肉、魚の方が消化が遅いので満腹感が持続します。

 

・筋肉量を維持できる(※一定期間)

一般的なカロリー制限ダイエットだと脂肪と一緒に筋肉も落ちます。

なんなら筋肉→脂肪の順番で落ちます。

一方で糖質制限は筋肉の材料であるたんぱく質がメインとなってくるので

筋量を維持しやすいです。まぁあくまで一定期間ですが。

 

・病気の予防

血糖値が急上昇すると体に色んな不調をきたしてくるよと、

色んな病気の原因になるよと前回の記事で言いました。

糖質制限すると必然的に血糖値の上昇が緩やかになるので、糖尿病や、それに伴う

認知症、アルツハイマーを予防できますよってことです。

まぁ要は適正な糖質制限であれば体に良い食事方法ですよとゆーことですね。

 

③糖質制限のデメリット

f:id:CALMOWL:20201008132522j:plain

・筋肉量が落ちる

え、さっき筋肉量維持できるって言ったじゃん!って思ったかもしれませんが

あれは一定期間なのであって、

長期に糖質制限をすると筋量は確実に落ちます。確実に。

前の記事で糖質は生きるために欠かせないエネルギー源であると言いました。

んでエネルギー源無くなると筋肉と脂肪を分解して

エネルギーを得ようとしますとも言いました。

じゃあその分お肉たくさん食べればいいじゃんと。

肉でたくさん食べてカバーすればいいじゃんと。

そうなんですよ。そうなんですけども。ただ量の問題が出てきます。

実は体の維持に必要なエネルギーをたんぱく質、脂質でカバーしようとおもったら

大量の肉を食べないといけないんですよ数キロ単位です。

数キロも肉食べれないでしょ。(笑)

肉なんてそんな何キロも食べるんじゃありません。

違う病気になりますよ。数キロも食べたら。

肝臓、腎臓悪くするし、血液ドロドロになって脳溢血とかになったりしますよ

 

・体が老化する

筋肉が無くなりますよって言いましたが、それだけではありません。

結局たんぱく質が慢性的に足りなくなるので、

結果内臓組織、細胞が老化しだします。組織細胞の原料はたんぱく質なので。

 

・低血糖症になる

糖質摂らないんで当然といえば当然なんですけどね。

症状は体が重い、だるい、疲れがとれない、鬱っぽくなるってところでしょうか。

過度な糖質制限を繰り返していると膵臓がインスリンをコントロールできなくなるので

血糖値が安定しなくなって、メンタルが不安定になります。

 

・リバウンド

リバウンドする方が多いような気がしますね。

目標体重まで落としたら、元の食事に戻しちゃって

あっという間にリバウンド。

しかもリバウンド繰り返すと太りやすくなって

痩せにくくなってくるのでかなり厄介です。

筋肉も落ちてる状態なので、基礎代謝が下がってるんですよ。

体質が変わっちゃいます

体質が痩せにくくなったら元も子もないですからね。

 

④まとめ

f:id:CALMOWL:20201008163302j:plain

結局どうすればいいんだよ!ってなると思うんですけど、

短期間で痩せようと思っちゃだめです。

本当に危ないんでね。

過度な糖質制限は確実に寿命縮みます。

少し食事を意識するだけでいいと思うんですよ。

ジュース、お菓子、ラーメン控えるとか。

そんなんでも十分効果はあります。

そこに週2で運動するとかでいいです。

少しづつ堅実に長期でみてダイエットしましょう。

今すぐ痩せたい!って思う方もいると思うのですが、まずは

「何のためのダイエットなのか」を今一度考えたほうがよろしいかと。

健康を引き換えに過度なダイエットをするべきではないです。

肥満の方は焦らず長期でみて痩せていきましょう!!

 

今日はここまで!!

また次回!!